初心者のための調剤薬局情報サイト

調剤技術料とは調剤薬局で薬剤師が医師が処方する処方箋に基づき、調剤する作業を行う際に支払われる報酬のことです。
内訳は調剤基本料と調剤料、各種加算料の3つの要素で構成されます。
計算方法は厚生労働省が定める調剤報酬点数表を元にして行われます。
病院の中にある薬局で処方した場合は基本点数が低いため安くなりますが、病院の外にある薬局で処方された場合は、基本点数が高いため薬代が高くなるのでなるべく病院の中にある薬局で処方してもらうのがよいです。
個人経営薬局は基本料が高くなるため、さらに薬代が高くなるので注意しましょう。

調剤薬局の調剤技術料とは

調剤薬局の調剤技術料とは 薬局で薬を処方された時に明細に調剤技術料という項目があります。
この明細に書かれた調剤技術料とは調剤薬局が調剤をした時に受け取る報酬のことをいいます。
調剤技術料は薬剤師が医師が処方した処方箋に基づき薬を調剤する作業に対しての報酬で、報酬点数に10円をかけたものが調剤費用となります。
この計算の仕方については厚生労働省が定める報酬点数表を基にして支払われますが、実際に患者が支払うのは保険負担分のみです。
内訳は基本料と調剤料、各種加算料の3つの要素で構成されており、複雑で手間がかかった場合はさらに点数が上がるため調剤費用が高くなる仕組みです。
病院の中にある調剤薬局では基本料が10円ですが、病院の前にある薬局、門前薬局の場合点数が15点から25点であるため、病院の中にある薬局を利用した方が、薬代が安くなります。
個人経営薬局は基本料が41点になるためさらに高くなります。

詳しくしっておきたい調剤薬局の調剤技術料

詳しくしっておきたい調剤薬局の調剤技術料 病院などで処方箋が出ると薬をもらうことになりますが、その薬を調剤してくれるところが調剤薬局です。
医師の処方箋に基づいて、薬剤師が薬を調合して患者へ渡すもので、薬のカルテを作成して症状に合った薬になるように副作用などの確認を行います。
調剤薬局は専門分野であるということで、医師と薬剤師がそれぞれより安全に治療を行うことができるように医薬の分業を行っていることになります。
薬のスペシャリストとして調剤業務と服薬指導を行うことで、医療の質を向上することも目的にしています。
これらにかかる費用として大きく調剤基本料と調剤技術料があります。
基本料は処方箋の内容や枚数に関係なく薬剤を調合することへの報酬と解釈することができます。
これら薬局によっても異なってきます。
調剤技術料というのは薬代のほかにも調剤を行うこととしてその内容に対して算定されます。
薬はとても数多くあるということで、名称や形も似ているものが多数あります。
これらの中から間違った処方をしないようにしっかりと管理を行うということもこれら技術料ということになります。
薬剤師はこれら基本料と技術料によって薬を処方していますので、患者も医師と同じように薬のことについて相談することができます。

M&Aに関する情報リンク

調剤薬局のM&Aをしっかりサポート

新着情報

◎2018/10/31

サイト公開しました

「薬局 技術」
に関連するツイート
Twitter