変化する調剤薬局の経営

変化する調剤薬局の経営

変化する調剤薬局の経営 平成9年に、厚生労働省がモデルケースとして37の国立の病院に指示を出したことをきっかけに医薬完全分業は発展していきました。売上は大きく伸び、経営は安定していく調剤薬局は増えていきました。20年以上たち、市場は安定したものの成熟化しこれから大きくのびていくには難しくなっています。このまま安定していくのであれば、悪くはありませんが、地域によっては大手のドラッグストアやチェーン店の参入により生き残っていくための競争が激しくなっています。

オーナーの高齢化や後継者不足、売上の減少等の多くの問題もあり、で続けていかない決断をする所も少なくありません。長く地元で調剤薬局として得てきた信用や店がその場所にある安心感はその地域に進出した企業にとっては、とても価値が高い事もあり、経営権は元々のオーナーが持ち、運営だけ任せてもらいたいという企業もあり、後継者不足等の様々な問題に悩んでいる調剤薬局にとっては考えてみたい申し出のひとつになっています。

調剤薬局のほとんどが赤字経営になる原因とは何か

調剤薬局のほとんどが赤字経営になる原因とは何か 調剤薬局の多くが赤字経営になっている原因は色々あります。まず病院以外に固定顧客がほとんどいないという点です。長く経営をやっている場合は、地域に密着していて固定顧客を獲得している場合が多い為、何とか赤字にならないで済んでいる場合もあります。

しかしその固定客がいわゆる門前薬局の場合は注意が必要です。門前薬局とは病院のすぐ近くに立地している為、主に病院から出された処方箋を対象にしている薬局の事です。

これは病院の経営が安定して初めて成り立つパターンなので、病院の経営が苦しくなると調剤薬局も同じように経営が苦しくなってしまいます。その為病院以外の固定顧客も獲得しないと、安定した経営を長く続けるのは難しいのが現状です。

また事業承継の失敗も原因の1つに挙げられます。事業承継を円滑に行うにはある程度の時間が必要な為、経営者は自分が退く時期を逆算して後継者を育成しなければなりません。焦って事業承継を進めてしまうと、経営者が変わった途端に業績が悪化してしまう恐れもあるので注意が必要です。
他にも時代の変化に対応出来ていないというのも原因です。法改正によって調剤報酬は今後削減される事が予測出来ます。その為、ただコストを削減するだけでは安定した経営を行っていく事は出来ません。
そこで時代の変化に対応出来るように、病院にばかり頼るのではなく、新たな顧客を見つける為個人への対応も積極的に行う等の対策が必要です。

新着情報

◎2019/8/9

変化する調剤薬局の経営
の情報を更新しました。

◎2019/6/13

必要な人員を確保するコツ
の情報を更新しました。

◎2019/4/1

資格よりも大切なこと
の情報を更新しました。

◎2019/2/15

調剤薬局の労災保険
の情報を更新しました。

◎2018/12/19

薬局M&Aのメリット・デメリット
の情報を更新しました。

◎2018/10/31

サイト公開しました

「薬局 経営」
に関連するツイート
Twitter

【答え】 耳鼻科系の調剤薬局(門前) 【解説】 上から8番目 →半日を1.0とした場合の1日あたりの処方箋枚数 👉経営上重視 上から9番目 →半日を0.5とした場合の〜(同上) 👉処方箋1日40枚ルール管理上重要(尚、耳鼻科の場合60枚) ※処方箋40枚につき薬剤師1人必要

Twitterホンジ@税理士法人の中の人/8月は福岡多め@honjitoru

返信 リツイート 52分前

医療機関・薬局等の経営の課題解決をサポートする「かかりつけコンサルタント」商標権取得のお知らせ atpress.ne.jp/news/191044

Twitterまろたん for Christ@marotan1026JC

返信 リツイート 22:07

弊社のボス佐藤(@masa_sato_phceo)は、まだ30代の若き経営者です。他業界から薬局業界へ移ってきたので、薬局業界の常識にとらわれず、フラットに物事を見られるところが魅力なんじゃないかなと個人的には思っています。

てか、弊社のボス 西洋史専攻 ↓ 営業 ↓ 薬局経営 って経歴ガラパゴスすぎるな笑 初めて知った

RT @masa_sato_phceo: 自己紹介②薬局業界に来たのは先代が急逝して後を継いだから…と昔は言ってたのですが、本当は「経営という仕事」に挑戦したかったからなんです。後を継いだ頃はきちんと仕事に向かい合う覚悟ができてなかったんですね。今は「経営という仕事がしたい」と…

弊社社長 佐藤(@masa_sato_phceo )がTwitterデビューしました。これから毎日、薬局経営の苦労話など有益なツイートをしてくれるそうなので、「将来起業したい」とか「経営に興味がある」という薬剤師・薬学生の皆さま、ぜひフォローしてあげてください。

「メディカル ファクタリング」は、ファクタリングプロがお届けする、医療機関・調剤薬局・介護施設経営者様向けのファクタリング商品です。 medsjapan.jp/reward/index.h… peraichi.com/landing_pages/… #ファクタリング pic.twitter.com/TGZdEUT0tx

Twitterファクタリングプロ(株式会社MEDS JAPAN)@f_factoringpro

返信 リツイート 18:15

RT @atjinji: 【新着コラム】『健康経営』のツボ~みんなの水分補給計画&エアコン大作戦~|アイセイ薬局 at-jinji.jp/expertcolumn/2… #熱中症予防

Twitter【公式】フリーペーパー『ヘルス・グラフィックマガジン』@aisei_HGM

返信 リツイート 12:46

【知財関連ニュース】医療機関・薬局等の経営の課題解決をサポートする「かかりつけコンサルタント」商標権取得のお知らせ[商標][ブランド] iptops.com/news/314715

【知財関連ニュース】医療機関・薬局等の経営の課題解決をサポートする「かかりつけコンサルタント」商標権取得のお知らせ (2019年8月20日)[商標][ブランド] iptops.com/news/314714