必要な人員を確保するコツ

必要な人員を確保するコツ

必要な人員を確保するコツ 高齢化が進む中で調剤薬局を訪れる顧客が増えていますが、一方で増加する処方箋に対応できるだけの人員が確保できない店舗もあります。そのために積極的に求人広告を出して薬剤師を募集している調剤薬局もありますが、希望する人数を採用できないのが実情です。また人材が不足すると残業時間が増えるために、現在働いているスタッフの負担も大きくなります。そのことが社員の退職にもつながるので、人手不足の問題を抜本的に解決するのが理想的です。

経営者の悩みを解決する選択肢の一つとしては、派遣会社を活用する方法があります。派遣会社に相談すると、必要な人材をすぐに紹介してくれるのでとても便利です。一方で出産に伴って退職した薬剤師が働きやすい環境を整備することも重要です。短時間勤務も可能なパートやアルバイトであれば、子育て中の人も働きやすいです。特に扶養控除の範囲内で勤務可能な条件でパートを募集すると、人手不足の悩みも比較的短期間で解決できます。

調剤薬局は保険者と契約することで保険調剤を取り扱える

調剤薬局は保険者と契約することで保険調剤を取り扱える いわゆる「薬局」と呼ばれる店舗は全国各地に存在しますが、そのうち医師の発行した処方箋に基づいて薬を調製し、お客さんに渡す機能を持っている薬局のことを特に調剤薬局といいます。調剤のみを行う店舗もあれば、家庭用の常備薬などを売る店舗の一角に処方箋の受付窓口を設けているところもあります。
調剤薬局における処方薬の販売は、一定の要件を満たすことで公的医療保険の適用を受けることができます。これを保険調剤といいますが、保険者と薬局との間で交わされた契約に基づく行為であるため、契約調剤と呼ばれることもあります。このシステムを導入すると、病院やクリニックなどで保険診療を受ける場合と同様に、利用者は薬局の窓口で自己負担分だけを支払うことで保険適用薬を購入できるようになります。残りの保険負担分は、保険者から薬局に直接支払われます。保険薬局となるには、薬剤師免許を持つ者であって国の登録を受けた保険薬剤師を置くことが義務付けられています。

新着情報

◎2019/8/9

変化する調剤薬局の経営
の情報を更新しました。

◎2019/6/13

必要な人員を確保するコツ
の情報を更新しました。

◎2019/4/1

資格よりも大切なこと
の情報を更新しました。

◎2019/2/15

調剤薬局の労災保険
の情報を更新しました。

◎2018/12/19

薬局M&Aのメリット・デメリット
の情報を更新しました。

◎2018/10/31

サイト公開しました

「薬局 契約」
に関連するツイート
Twitter