初心者のための調剤薬局情報サイト

調剤薬局は倒産リスクが少ない?

調剤薬局は倒産リスクが少ない? 病院に隣接するような形で立っていることが多い調剤薬局ですが、そこに病院がある限り経営的には安泰と考える人が多いのではないでしょうか。
そのため普通の薬局に比べても倒産リスクが少ないと考えることと思います。
しかし、その一方で調剤バブルという言葉があるのをご存知でしょうか。
業界では乱立する調剤薬局がバブル状態となっていると捉えている人が少なくないのです。
つまり、数が多すぎるということです。
病院自体経営に行き詰っているところが少なくありません。
保険点数が減らされ、中規模病院を直撃しています。
また人口減少に伴い、徐々に患者数の現象も考えられます。
さらに最近ではネット通販によって簡単に医薬品が手に入る時代です。
このようなことを考えると、決して倒産リスクが少ないから安心とばかり言っていられないのです。
患者さんからはわかりませんが、実際にチェーン展開している大手に買い取られてしまった調剤薬局も多く存在しています。

倒産増加の可能性もあるこれからの調剤薬局

倒産増加の可能性もあるこれからの調剤薬局 調剤薬局は全国に約57000店あります。
この数はコンビニエンスストアの数を超えており、日本薬剤師会が定めた東西薬局の必要数から2倍以上となる大きな数字です。
しかも大手企業の占有率がとても低く企業の集約が進んでいない業種です。
その理由として挙げられるのが、小規模店舗を採算ベースに乗せるのが大手チェーンでは難しい制度的な形態によります。
同じ店舗運営でも大手チェーンに所属してグループ全体での処方箋枚数が増えるとかえって収益が低下するという逆転現象が起きるため、大企業による集約化が図りにくいのです。
一方で、調剤薬局は個人運営のお店が多く、経営者の高齢化の問題が今後クローズアップされてきます。
国民全体の高齢化によって医療費の総額も上がって行きますが、薬価引き下げの流れもあり倒産が増えて行く可能性があります。
前述のように巨大チェーンは生まれにくい状況ですが、地域単位での一定限度の集約にはメリットがありますので、その流れに乗り遅れる前に売却をしてしまうのがより安全な選択肢となりそうです。

新着情報

◎2019/4/1

資格よりも大切なこと
の情報を更新しました。

◎2019/2/15

調剤薬局の労災保険
の情報を更新しました。

◎2018/12/19

薬局M&Aのメリット・デメリット
の情報を更新しました。

◎2018/10/31

サイト公開しました

「リスク 倒産」
に関連するツイート
Twitter

RT @Investor__girl: 子育てするなら手堅く西松屋の株を購入することをおすすめします。優待配当利回りは約5%。優待カードでオムツや粉ミルクが購入できるので助かるのではないでしょうか。財務健全性はとても高いので減配や倒産リスクはまずないでしょう。10万以下で値動…

株券は、企業が倒産すると、紙切れになる可能性がありますが、不動産は火災・地震などで、建物がなくならない限り、ある程度の価値は保たれます(0にはなりにくいです)。ただ、火事・地震は絶対に起きないとは言い切れないので、保険に入ったりしてリスクヘッジする必要があります

Twitter中井と不動産投資講座@fud_dousan

返信 リツイート 0:44

返信先:@nariko_stock こんばんは✨ 実は私も同じことを思っておりまして、噴き上がるのではないかと期待しています☝️ ただ、倒産リスクもありますw

Twitterさんめし@COMSA&SKILL@sanmeshi

返信 リツイート 昨日 19:47

今日の急落で平均倒産確率は わずか1日で0.09%に戻りました <倒産確率Web>04/18の倒産確率を更新しました 平均倒産確率0.09% 年間倒産予測件数3.3社 今日の注目リスク株53社 7859 アルメディオ 4575 CANBAS 4588 オンコリス more... kabuka.biz/tosan/

出店契約はハイリスクだな。不採算店の撤退を盛り込むべきだったのかな。それにしても不透明取引は一体なんなんだ。。 / 【真相】倒産した「フーターズ」の裏側で起こっていたこと #NewsPicks npx.me/3pxg/7Gjo?from…

財務安全性を見極める -【自己資本比率ランキング】 「倒産する会社」を知るのも大事なリスクマネジメントです。 業種によっても異なりますが、一般的に50%以上を目安に自己資本比率が高いほど安全性が高いと言えます。 coloma.tech/secs?srt=bqp3G… #株 #kabu #株価 #coloma

Twitter【初心者注目】 株情報サイト | COLOMA@colomatech

返信 リツイート 昨日 15:57

成長減速を緩和で回避するという従来型の政策対応のリスクは明らかに高まっています。経済の持続可能性を高めるためには、やはり非効率な国有企業を市場から退出させるといった抜本的な構造改革が避けて通れません。国営ゾンビ企業のほとんどは、先進国であれば、すでに倒産した企業です。

株券は、企業が倒産すると、紙切れになる可能性がありますが、不動産は火災・地震などで、建物がなくならない限り、ある程度の価値は保たれます(0にはなりにくいです)。ただ、火事・地震は絶対に起きないとは言い切れないので、保険に入ったりしてリスクヘッジする必要があります

Twitter中井と不動産投資講座@fud_dousan

返信 リツイート 昨日 12:14

あとは、安定とか、かな…? 起業家と結婚したい、って、倒産リスク考えて言ってるんだよね? まともに事業をハンドリングできる人は、己の利益のために動く女は選ばないし、万が一、気づかずに結婚しても、2年くらいで撤退してるような…わかんないけど。単なる想像。 死ぬまで演じきれるならアリ

投資は複数の事業に対して行うのが良いと思います。 いくら信用できる事業でも、倒産リスクは存在するのです。 あなたがもしこちらの案件を始められるなら、 あなたがこれまでやっていた案件も継続される、 もしくは他の事業もされることをお勧めします。