初心者のための調剤薬局情報サイト

調剤薬局は倒産リスクが少ない?

調剤薬局は倒産リスクが少ない? 病院に隣接するような形で立っていることが多い調剤薬局ですが、そこに病院がある限り経営的には安泰と考える人が多いのではないでしょうか。
そのため普通の薬局に比べても倒産リスクが少ないと考えることと思います。
しかし、その一方で調剤バブルという言葉があるのをご存知でしょうか。
業界では乱立する調剤薬局がバブル状態となっていると捉えている人が少なくないのです。
つまり、数が多すぎるということです。
病院自体経営に行き詰っているところが少なくありません。
保険点数が減らされ、中規模病院を直撃しています。
また人口減少に伴い、徐々に患者数の現象も考えられます。
さらに最近ではネット通販によって簡単に医薬品が手に入る時代です。
このようなことを考えると、決して倒産リスクが少ないから安心とばかり言っていられないのです。
患者さんからはわかりませんが、実際にチェーン展開している大手に買い取られてしまった調剤薬局も多く存在しています。

倒産増加の可能性もあるこれからの調剤薬局

倒産増加の可能性もあるこれからの調剤薬局 調剤薬局は全国に約57000店あります。
この数はコンビニエンスストアの数を超えており、日本薬剤師会が定めた東西薬局の必要数から2倍以上となる大きな数字です。
しかも大手企業の占有率がとても低く企業の集約が進んでいない業種です。
その理由として挙げられるのが、小規模店舗を採算ベースに乗せるのが大手チェーンでは難しい制度的な形態によります。
同じ店舗運営でも大手チェーンに所属してグループ全体での処方箋枚数が増えるとかえって収益が低下するという逆転現象が起きるため、大企業による集約化が図りにくいのです。
一方で、調剤薬局は個人運営のお店が多く、経営者の高齢化の問題が今後クローズアップされてきます。
国民全体の高齢化によって医療費の総額も上がって行きますが、薬価引き下げの流れもあり倒産が増えて行く可能性があります。
前述のように巨大チェーンは生まれにくい状況ですが、地域単位での一定限度の集約にはメリットがありますので、その流れに乗り遅れる前に売却をしてしまうのがより安全な選択肢となりそうです。

新着情報

◎2019/8/9

変化する調剤薬局の経営
の情報を更新しました。

◎2019/6/13

必要な人員を確保するコツ
の情報を更新しました。

◎2019/4/1

資格よりも大切なこと
の情報を更新しました。

◎2019/2/15

調剤薬局の労災保険
の情報を更新しました。

◎2018/12/19

薬局M&Aのメリット・デメリット
の情報を更新しました。

◎2018/10/31

サイト公開しました

「リスク 倒産」
に関連するツイート
Twitter

返信先:@masakunshanghai 同感です。 安定サラリーを貰いながら(倒産したら雇用保険あり)、株なり不動産なり自分の器量で自己投資。 独立するよりローリスクミドルリターンで最強だと思っています。

Twitterぽんかんろん(サラリーマン大家)@eWPovgLhwcMJjoK

返信 リツイート 昨日 22:36

(2/8) (B)事業者倒産による水道停止リスク、が中心と認識しています。その2点は別紙ガイドラインにて提示されているコンセッション方式案で緩和できると考えるものの、コンセッション方式案は地方公共団体事業型と民間事業型の2つがあり、

Twitter那須野拓実@1y1m娘の育児中@takumi_nasuno

返信1 リツイート16 昨日 22:36

RT @1xuVLqH3kQ: 売り上げ一割アップの為に、会社を倒産するリスクを生み出す奴はクビにするしかない。 pic.twitter.com/bMZZndBLmt

Twitterえしま長月@コミティアぬ05a@N_Eshima

返信 リツイート 昨日 22:30

成長戦略のひとつとして多角化戦略があります。多角化とは、新たに自社がこれまでと違う事業をする事。 なぜ、多角化戦略をするかと言うと倒産リスクを下げる。既にある事業との相乗効果を狙う。このような事が一般的にあげられます。 つまり 企業の戦略は私たちの人生にもヒントを与えてくれる。

返信先:@bitbite777 メリットとしては、今の市ごとの事業ではなく大規模な地域全体のでの事業委託が可能なのでスケールメリットが得られる(かも デメリットとしては自治体がリスク回避可能な契約を行わなかった場合、民間企業の撤退や倒産で水道がストップする可能性があること。

日本が潜在的に抱えるリスクとしては、中国や北朝鮮による戦争リスクと、中東からの石油輸送に見られるリスクのほか、地震大国というリスクもあります。もし何らかの理由により外国人が来なくなれば、観光産業では倒産が相次ぎ、恐慌が起きる可能性を捨てきれません。

Twitterくをん@日本大好き!@qoo_wong

返信1 リツイート1 昨日 21:52

返信先:@MagnoliaAliceF他1人 いやー、どうぞどうぞ、販売店が潰れるだけなんで。 韓国は信用がないなら、保証付きの前払いです。 信用できない国の不買運動って、日本に不払いリスクがないから、マーケットも馬鹿に出来る。 また韓国人の解雇と倒産という、日本の成果が増えるだけ。 何をしたいのだ。

Twitterアルベルトアインーシュタイン@FB5szAxJzo3Y02f

返信 リツイート 昨日 21:28

投資は複数の事業に対して行うのが良いと思います。 いくら信用できる事業でも、倒産リスクは存在するのです。 あなたがもしこちらの案件を始められるなら、 あなたがこれまでやっていた案件も継続される、 もしくは他の事業もされることをお勧めします。