初心者のための調剤薬局情報サイト

調剤薬局は倒産リスクが少ない?

調剤薬局は倒産リスクが少ない? 病院に隣接するような形で立っていることが多い調剤薬局ですが、そこに病院がある限り経営的には安泰と考える人が多いのではないでしょうか。
そのため普通の薬局に比べても倒産リスクが少ないと考えることと思います。
しかし、その一方で調剤バブルという言葉があるのをご存知でしょうか。
業界では乱立する調剤薬局がバブル状態となっていると捉えている人が少なくないのです。
つまり、数が多すぎるということです。
病院自体経営に行き詰っているところが少なくありません。
保険点数が減らされ、中規模病院を直撃しています。
また人口減少に伴い、徐々に患者数の現象も考えられます。
さらに最近ではネット通販によって簡単に医薬品が手に入る時代です。
このようなことを考えると、決して倒産リスクが少ないから安心とばかり言っていられないのです。
患者さんからはわかりませんが、実際にチェーン展開している大手に買い取られてしまった調剤薬局も多く存在しています。

倒産増加の可能性もあるこれからの調剤薬局

倒産増加の可能性もあるこれからの調剤薬局 調剤薬局は全国に約57000店あります。
この数はコンビニエンスストアの数を超えており、日本薬剤師会が定めた東西薬局の必要数から2倍以上となる大きな数字です。
しかも大手企業の占有率がとても低く企業の集約が進んでいない業種です。
その理由として挙げられるのが、小規模店舗を採算ベースに乗せるのが大手チェーンでは難しい制度的な形態によります。
同じ店舗運営でも大手チェーンに所属してグループ全体での処方箋枚数が増えるとかえって収益が低下するという逆転現象が起きるため、大企業による集約化が図りにくいのです。
一方で、調剤薬局は個人運営のお店が多く、経営者の高齢化の問題が今後クローズアップされてきます。
国民全体の高齢化によって医療費の総額も上がって行きますが、薬価引き下げの流れもあり倒産が増えて行く可能性があります。
前述のように巨大チェーンは生まれにくい状況ですが、地域単位での一定限度の集約にはメリットがありますので、その流れに乗り遅れる前に売却をしてしまうのがより安全な選択肢となりそうです。

新着情報

◎2018/10/31

サイト公開しました

「薬局 倒産」
に関連するツイート
Twitter